ヴォルド ブリッジ構え【ジ・ラック】対策 頭か足か? ~ソウルキャリバー6~

f:id:ryo-oD:20190512113918j:plain
ヴォルドのブリッジ型の特殊構えジ・ラック。猛進してくるあの構えにも、立ち同様に前向きと後ろの二種類がある。今回はこの奇怪な構えの攻略法を探っていきたい。

 

まず、それぞれの構えからの主要技の派生をまとめてみた。

ジ・ラック (足前)
  攻撃 発生F G硬直
A 中段 28F 4F有利
B 中段 14F 14F
K 中段 10F 4F
k2 下段 44F 21F
4K 上段 18F 0
66 特下 16F 4F
ジ・ラック (頭前)
  攻撃 発生F G硬直
A 中段 22F 8F
B 中段 18F 12F
K 中段 10F 4F
k2 下段 41F 21F
4K 上段 24F 2F
66 下段LH 16F 16F
共通
  攻撃 発生F G硬直
B+K 特中GI 14F 12F
B+K
ホールド
特中GI 24F 12F

 

足前の構え

f:id:ryo-oD:20190512113932j:plain
足前(足が相手側)はK2の下段を除くと、全て立ちガードで対応出来る。

K2は発生41Fなので見て対応。

他の技をガード後は相手の攻撃よりも速い12Fの2Aで潰す。

 

立ちGからの2A

 

足前の時は基本的にこれで対処する。

ただし、Aは出した側が4F有利となり構えが移行足前から頭前へと移行する。

 

頭前の構え

f:id:ryo-oD:20190512113944j:plain

警戒すべきは、頭前の構えで66が下段LHになる。

 

この66のお陰で下段を意識する訳だが、中段の届かない位置まで距離を置こうとするも、66の突進力もあり、Gに徹していると厳しく追い込まれる。

何とか相手のペースになる前に出の速い2AやB、中段Kで流れを止めたい。

 

覚えておきたいのはAで構えが移行になる技で、ころころと構えが変わると惑わされる。

 

結論的に駆け引きに付き合うよりも、多少のダメージを負ってでも足前・頭前ともに2Aで流れを止めて、こちらのペースに持ち込みたい。